日焼け止めってどう選べばいいの?皮膚科専門医が解説

カテゴリ:皮膚科

公開日:2022/05/06/

最終更新日:2022/08/16

まとめ

  • 日焼け止めを選ぶときは、表示をよく確認しましょう。
  • SPF30 以上/PA+++ 以上かつ、ウォータープルーフの製品なら比較的安心。
  • 効果的な日焼け止めを選んで美肌を守りましょう。

紫外線が肌トラブルの原因となることはよく知られています。そんな紫外線への対策として、日焼け止めを塗る人は多いのではないでしょうか。薬局にはいろんなタイプの日焼け止めが並んでいますが、どれを選べば紫外線を効果的に防ぐことができるのか迷いますよね。

今回は日焼け止めをどう選べばよいのか、皮膚科専門医が解説します。

この記事を書いた医師

やさひふ

Yasahifu

医師 / 皮膚科専門医 / 医学博士

Lumedia 編集長。怪しい医療情報に惑わされる患者さんを多く見た経験から Lumedia の立ち上げを決意。 皆さんのすこやかなお肌を守るため、Twitter で科学的根拠に基づいたスキンケア情報発信中。

UVA や UVB は紫外線の成分

日焼け止めの選び方を説明するにあたって、まずは UVA や UVB についてご説明します。

UVA や UVB はいずれも地上に届く紫外線の種類で UVA は波長が 315-400 nm 、UVB は波長が 280-315 nm のものを指します (参考文献1) 。また、UVA はシミやしわ、UVB は日焼けや皮膚がんなどに大きく影響することがわかっています (参考文献1) 。

紫外線に関する詳細はコチラの記事をご覧ください!

日焼け止めを選ぶ際には、まずこれらの紫外線成分をどれくらいカットできるかということに着目することが重要です。

日焼け止めは3つの表示に着目

日焼け止めを選ぶ際に、「パッケージやモデルの女優が好きだから」という理由だけで決めてしまったことはありませんか?実は、日焼け止めには着目すべき表示があります。あなたのお肌をきちんと紫外線から守るためには、以下のポイント3つを必ずチェックすることが大切です。

① SPFが30以上か。

② PAが+++以上か。

③ ウォータープルーフか。

これらをすべて満たす日焼け止めが、紫外線を比較的防ぐことができるといえます。ではそれぞれのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

日焼け止めで着目すべき表示①SPF が30以上か

日焼け止めは紫外線を防御しないことには始まりません。どんな日焼け止めが紫外線を防御できるのかみていきましょう。

日焼け止めの表示の1つに、Sun Protection Factor (SPF) 、すなわち紫外線防御指数というものがあります。SPF は高ければ高いほど UVB を多くカットできることを意味しています。

アメリカ皮膚科学会はこのSPFが30以上であることを推奨しています (参考文献2) 。SPF30の日焼け止めなら、紫外線のうち「UVB」を97%もカットできます!たとえばSPF15の製品だとUVBカット率は93%止まり。SPF30以上が安心して過ごすための一つの目安とされているんですね。

日焼け止めで着目すべき表示②PA+++ 以上か

アメリカ皮膚科学会が推奨する表示の2つ目は、「ブロード・スペクトラム」であることです。ブロード・スペクトラムとは、紫外線のうち「UVB」だけでなく「UVA」もカットできることを指します (参考文献2) 。

「ブロード・スペクトラム」は国によって表示方法が異なり、日本では「PA」という表示で確認できます (参考文献3) 。

「PA」は Protection Grade of UVA の略語で、UVA の防止効果を表しています。PA の後に並ぶ「+」の数が多いほど UVA カット効果が高いことを意味します (+の数は1〜4) 。「PA+++」以上であれば比較的安心でしょう (参考文献2-4) 。

SPF30 以上かつ PA+++ 以上であれば、UVB に加え UVA にも対応できるので紫外線防御効果が高いです。

日焼け止めで着目すべき表示③ウォータープルーフか

ここまで紫外線防御効果に着目してきましたが、日焼け止めは「塗ったあとも落ちにくい」ことも大事です。塗っても汗などで簡単に流れてしまうと、日焼け止めとしての効果を発揮できないからです。

アメリカ皮膚科学会は、日焼け止め選びで推奨する3つ目の表示として「耐水性」を挙げています (参考文献2) 。日本で日焼け止めが販売される場合、耐水性に優れる製品はウォータープルーフ」や「スーパーウォータープルーフなどと表記されていることが多いです (参考文献5) 。水に強くて落ちにくいことも、日焼け止め選びでチェックすべき指標の一つといえるでしょう。

効果的な日焼け止めを使いましょう

日焼け止めはSPA30 以上」「PA+++ 以上」「ウォータープルーフの製品が推奨されることを解説しました。日焼け止めを選ぶときには以上3点の表記があるか確認することをオススメします。

なお、日焼け止めにはローションタイプやスプレータイプなど複数の種類がありますが、それらの特徴や注意点などは今後の別記事で解説しますので楽しみにお待ち下さい!基本的にクリームタイプならばどんな方でも安心して使いやすいですよ。

なお、日焼け止めの適量についてはこちらの記事で解説しています。こちらも是非参考になさってくださいね。

効果的な日焼け止めを使って紫外線を防ぎ、美肌キープを目指しましょう!

COI

本記事について、開示すべき COI はありません。